Newsニュースリリース

2020年12月19日(土)~2021年3月28日(日) :ヘブンスそのはら

CO2フリーメニュー「信州Greenでんき」​


2020年12月19日(土)~2021年3月28日(日)までの期間、中部電力ミライズのCO2 フリーメニュー「信州Greenでんき」適用​
日本一の星空「長野県阿智村」の、スタービレッジ阿智誘客促進協議会(長野県阿智村 会長:熊谷秀樹(阿智村長))は、2020年12月19日(土)~2021年3月28日(日)までの期間中、阿智村の富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはらで開催される、「天空の楽園 ナイトツアー ウインターシーズン」を、中部電力ミライズ株式会社(本社:愛知県名古屋市)のCO2フリーメニュー「信州Greenでんき」の適用により、CO2フリー電気にて開催することを決定しました。​

​阿智村は、環境省の実施する全国星空継続観察で「星の観察に適していた場所」の第一位(平成18年)に認定さ れた星空をテーマに、富士見台高原ロープウェイヘブンスそのはらで行われる「天空の楽園 ナイトツアー」、「天空の楽園 雲海Harbor」、「天空の楽園 WinterNightTour」(今年から天空の楽園 ナイトツアー 通年営業に変更)、「日本一の星空浪合パーク」など星空を見上げるイベント、場所づくりに取り組んできました。また、古紙を再生する環境に配慮した商品開発、阿智村の森林から発生する間伐材活用など、星空が見える環境活動に取り組んできました。このたび、自然を守り、保護することで、夜空に輝く星々を見られる環境を広げ、将来に引き継いでいきたいという思いから、昨年に引き続きCO2フリー電気でのイベント開催を決めました。​


天空の楽園 ナイトツアー ウインターシーズン開催期間中、会場の富士見台高原ヘブンスそのはらで使用する電気をCO2フリー電気でまかないます。​
この取り組みにより、約412t(※1)スギの木約3万本分(※2)のCO2排出量の削減効果が見込めます。​
※1:昨年の電気使用実績から概算​
※2:杉の木のCO2換算係数:14kg-CO2/本​


CO2 フリーメニュー「信州Greenでんき」​

長野県企業局さまが運営する水力発電所等でつくられた電気を活用し、中部電力ミライズからお客さまへ、長野県産CO2フリー電気「信州Greenでんき」をお届けします。
(注)長野県の水力発電所などからの電気に由来する非化石証書を用いて、CO2 排出量を0とした系統電源からの電気をお送りします。​

天空の楽園
Night Tour 2020

  • 阿智☆昼神観光局
  • 浪合パーク
  • ヘブンスそのはら
  • ACHIBASE
  • 阿智ワールドチャレンジプロジェクト
  • 星兄
  • 宮坂雅博
  • enra
  • SHORT SHORTS FILM FESTIVAL & ASIA日本一の星空映画祭
  • 恋人の聖地